9/08/2012

初めての三宅島 海編。

どうも、近藤です。
東京の島制覇を狙っています。

伊豆諸島を訪れるのは、
大島、八丈島につづいて、3島目だ。
竹芝桟橋を出発し、船に揺られること6時間半・・・。

ほぼ満月が港を照らす中、
早朝5時、人生初の『三宅島』に到着!
今回の旅の最大の目的は・・・
イルカと一緒に泳ぐこと!!
三宅島から船で40分ほど南へ行くと、
御蔵島という小さな島があって、
そこには、野生のイルカが150頭ほど生息しているのだ。
この海の碧さ!透明度の高さ!
どんどんテンションが上がる中、船長さんの合図で海へDive!!

シュノーケリングでキョロキョロ辺りを見渡していると、
どこからともなく、“キュイーキュイー”と、イルカの鳴き声が聞こえてくる・・・!
イルカが姿を現すまでの数秒間のワクワクといったら、
もーたまらなかった。
(インストラクターさんにもらった動画より。)
およそ15頭もの群れが、ぐんぐんこっちに近づいてくる。
きゃあぁ~!と心の中で叫んだ。
1頭のイルカがクルッと私に顔を向け、目が合った。
キスしちゃうかと思うぐらいの至近距離。
心臓が飛び出そうだった!
人懐っこいイルカが、私と遊んでくれたのかな。
不思議な感覚だった。
やっぱり哺乳類同士だから、
魚とは違って、なんだか心が通じ合えるような気がした。

夏は赤ちゃんが生まれる季節でもあり、
親子イルカの授乳シーンも見られた。
可愛かったなぁぁ。

何度も何度もDiveしつつ、この日は、幸運にも沢山のイルカたちに遭遇。
今思い返しても、夢のような世界だった。。
悠々と泳ぐアオウミガメにも初めて出合えたし。
私を竜宮城に連れてってー。浦島まちこ?

三宅島では、ダイビングもした。
透視度は30メートルぐらい!とインストラクターさん。
黒潮の影響を受ける三宅島の海は、熱帯性の魚はもちろん、
イセエビ、カニ、エイ、珊瑚・・・などなど、様々な生き物たちの楽園。
夢中になって海中探検してきた。

そうそう、海の絶景といえば、『メガネ岩』。
波で溶岩が侵食され、美しいアーチを作っている。
6月と10月だけ解禁の、ダイバー憧れのダイビングスポット。
ここは次回の楽しみにとっておこう!

三宅島に2泊したうち、
イルカウオッチング、ダイビング、シュノーケリングと、
とことん海遊びを満喫。

人間は海からやってきた。
だから、海に還るとこんなにも癒されるのかなぁ。