4/20/2013

第2回『絵本のち晴れ』。

どうも、近藤です。
細く長く、続けて行きたいです。

大人のための絵本セラピーの会、
第2回『絵本のち晴れ』を開催。
お茶が飲める絵本屋さん、
ティール・グリーン in シード・ヴィレッジにて。
テーマは、~ココロの声の発声法~。
「ココロの声をきく」ってよく言うけれど、
ココロはしゃべってくれません。
だから、絵本を読んで、素直に感じたことを、
書き出してみたり、言葉にしたり、みんなでシェアすることで、
いまの自分のココロの声に気づけたらいいな・・・
呼吸と同じで、感情だってうまく吐き出さないと、
新鮮なものが入ってこないと思うから。
そんな思いで、6冊の絵本をプログラム。
ワークショップでは、
絵本作家のサトシンさんが考案された、
「おてて絵本」にみんなで挑戦!
絵本セラピー体験後は、
お店手作りのレモンのレアチーズケーキと、
あたたかな紅茶を味わいながら、皆さんとおしゃべり。
毎回、初対面の方々が多いけれど、
絵本でココロがほぐされた後なので、
自然と笑顔の輪ができ、とても楽しい時間♪

参加者の皆さんからの感想は・・・

・絵本の深さに感動しました!
・子供が読むものというイメージしかなかったけれど、
 絵本が好きになりました。
・絵本の良さを実感。生活の中に絵本を取り入れてみようと思いました。
・発見があり、自分と向き合えた時間でした!

などなど。
嬉しいメッセージを沢山頂けて感謝。。。
絵本のチカラって、やっぱりすごいな。
全員の集合写真を撮り忘れたので(T_T)、
女子チームで記念撮影。
(一番左の長谷部真奈見さんが、
ブログに素敵なリポートを書いて下さいました。→こちら。)

帰り際、およそ4000冊が揃う絵本の販売コーナーでは、
今回ご紹介した絵本を購入する方々がいたり、
まだまだ尽きぬ絵本談義が繰り広げられたり・・・。
そんな嬉しい光景を見ては、
あぁ、また次回の『絵本のち晴れ』をがんばろうって思うのでした。

うーん。
一番ココロ晴れやかになっているのは、
私かもしれないなぁ。あはは(*^^*)