8/17/2014

テニスコート。

8月の前半は、
仕事で企画を抱えたり、
絵本専門士の大量の課題締め切りがあったりと、
なかなかハードな日々が続いた。

しばらくずっと寝不足で、
どこかで隙あらば睡眠をとろうとしたのか、
何度か気を失ったほど(笑)。
例えばメイク時間に爆睡してしまったり・・・
優しいメイクさんたちに支えてもらって感謝m(__)m

辛かったけれど、
この疲れは希望につながると思えたのも確か。
ただ苦しいだけの疲労とは、明らかに違うもの。

この期間で感じたこと、見えたこと、
とても貴重なものだったように感じる。

ここまでしてやる意味はあるのか。
・・・・・・
「ある」と思えることが、自分にとって最強の動機。
人間、限界に近い状況だと、
あらゆる感覚が研ぎ澄まされるのかも。
写真は、高校時代の私が限界に挑んでいた時の、懐かしの光景。
左に見えるテニスコートで、
一心不乱にボールを追いかけていた。

思い描くその先は、進み続けた人にしかわからない。
あの頃の私が、今の私を頑張らせているような気がする。