9/15/2015

音楽の秋

なぜか秋はことさら、
生の音楽にこころ惹かれる季節・・・

大友剛さんとチジャさんのコラボによるLIVEイベント、
「うたとピアノで鳴らす平和の鐘」に行ってきた。
チジャさんの澄んだ声と、
大友さんの繊細で豊かなピアノの音色に、
心がジャブジャブ洗われた。

涙腺の思うがままにまかせてみたら、
久々に思い出した、涙のしょっぱさ。
普通、しょっぱいと感じる前に拭いますから(笑)。
泣けるほど、きれいな音楽だったな~。
左より、ミュージシャン&マジシャンの大友剛さん
わたし、
ケアリングコーチの金本麻理子さん
そしてチジャさん。
今回のイベントにお声かけ下さった、金本さんに感謝♡

私たちが手にしているのは、
大友さんが翻訳を手がけられた絵本。
音楽、マジック、絵本と・・・
本当に幅広い活動で、多くの人を魅了されている方。
 作/エリック・リトウィン 絵/ジェームス・ディーン 
 訳/大友剛 文字画/長谷川義史
 作/クリスティ・マシソン 訳/大友剛

「ねこのピート」シリーズは、
もともとアメリカで人気爆発!
ニューヨークタイムズ ベストセラーリストではなんと、
43週連続ランクインを記録したそう。

うたって参加できる一冊で、
一度きいたらハマること必至。。

私も、以前から好きだった絵本。
LIVEを観たらその魅力が一番伝わると思うので、
ねこのピート特設サイトより、こちらの動画をどうぞ!

やっぱり、かなり最高♪
スーパーポジティブキャットに、
子どもは歓喜し、大人も勇気をもらえる作品。

もう一冊、
「ふしぎな ふしぎな まほうの木」も、
早速、私のお気に入り絵本に仲間入り。

絵をさわって、魔法をかけることで、
季節が巡ってゆく・・・
ページをめくる楽しみを存分に味わえて、
想像力ふくらむ美しい絵本だ。

すでに何度か人前で読んでいるけれど、
読み手と聞き手が一体となれる絵本のチカラを感じつつ、
相手と自然にコミュニケーションが深まる、
大友さんの翻訳の素晴らしさも実感。
これからも、たくさんの場で読み伝えていきたい。

すてきな音楽、すてきな絵本と出会えた、
心に残る秋の夜だった。
今回のライブ会場になった「gallery kissaギャラリーキッサ」は、
日本で唯一、「ねこのピート」を取り扱うギャラリー。
イベントも様々、カフェも営業しているとのこと。
また訪れてみたいな。