6/11/2017

絵本ヨガ in 南相馬

この度、福島県南相馬市立中央図書館さんの主催で、
南相馬の親子のみなさまに絵本ヨガをお届けしました。
午前の部(0~2歳)・午後の部(3歳以上~)と、
あわせて親子40組程のご参加があり、
たくさんの笑顔にふれることができました。





終了後には「来年もまた来てください」とか、
里帰り出産のため帰省していた方からは、
「東京に戻ったら絵本ヨガに参加したい」
などなど・・・
うれし過ぎるお言葉をかけていただき、
本当にありがたく、胸がいっぱいになりました。
福島県ではじめての絵本ヨガ。
事前に地元の広報誌や新聞などにも取り上げていただいたようで、
とてもあたたかく迎えていただいたこと、
こころより感謝いたします。
お世話になった中央図書館のみなさまと。
準備から当日まで、丁寧に丁寧にご対応いただいたおかげで、
安心して福島へ向かい無事に終えることができました。
またぜひお会いする機会がありますように。

絵本ヨガの様子は、
ぜひご覧ください。
こちらの図書館は県の建築賞も受賞されるほど、
外観も内観もすごくすてきな建物でした。
震災後は市民のみなさんの憩いの場となったというのも納得、
木のぬくもりに癒される空間でした。
隣接する市民情報交流センター屋上にある”天空のテラス”にて。
今回のご縁をいただいた、
中央図書館司書で絵本専門士第1期生の佐藤真紀さんと。
昨年春から南相馬に勤務されていますが、
久しぶりの再会がうれしかった♡
今回お声かけくださって、本当にありがとうございました。
そして図書館館長の片平智栄さんにも、
市内を案内していただくなど、大変お世話になりました。
この春まで市の放射線に関わる部署にいらしたそうで、
南相馬の震災時のことや復興の状況はもちろん、
放射線による影響と風評被害なども含めて、
さまざまなお話を伺わせていただきました。



考えさせられることばかりで、
片平さんの言葉の数々が、深くこころに残っています。

一言では決して語りつくせませんが、
現地の方にとっても、遠く離れて暮らす私たちにとっても、
知ろうとするきもちはとても大事なんだと、
教えていただきました。
またあらためて、発信できたらと思います。

2日間の福島出張、
とても思い出深いものとなりました。

6/09/2017

絵本の森 グランチャ「休館」のお知らせ

風machi日記にも何度も登場していました、
両親の店・絵本の森 グランチャ
突然のお知らせとなり大変申し訳ないのですが、
7月中旬をもって”休館”とさせて頂きます。

その理由につきましては、
以下、グランチャ館長ブログをそのまま掲載いたしますので、
お読みいただけましたら幸いです。

***

長らく皆様方からご愛顧頂いておりました「絵本の森グランチャ」ですが、
いよいよ信濃川拡幅工事が具体化し、
止むを得ず立ち退きせざるを得ない状況となりました。

今迄、移転先を探しておりましたが、
なかなか好適地が見つからず、かつ期限もせまっておりますことから、
誠に申し訳なく、残念ではありますが、
7月中旬をもって休館とさせて頂きたいと思います。
残り短い期間となりますが、
引き続きよろしくお願い致します。
ありがとうございました。

近藤和義・泰子

***

わたしたち家族にとっても本当に残念なのですが・・・
現時点ではこのような判断をせざるを得ず、
仕方ありません。。

これまでお越しくださったみなさま、
心にかけてくださったみなさま、
ありがとうございました。

6月24日(土)・25日(日)は、
わたしも帰郷し、グランチャのお手伝いをする予定です。
残り短い期間となりますが、
みなさまのお越しをお待ちしております。
5月中旬の写真ですが。
20年かかって、今年はじめて、藤の花が咲きました。
こんなことってあるんですね。

5/25/2017

5月のVOiCEお話会

5月のお話会のラインナップはこちら。
ぜんぶで4作品。
おべんとうにまつわる絵本を読んだり紙芝居を演じたので、
最後はみんなでお弁当づくり!
それぞれ好きなおかずを選んでつめて・・・
元気よくあふれちゃいました笑。

今回は、病室にいる女の子にも見えるように、
病室のすぐ前のろうかのスペースでお話会をすることに。
おともだちもたくさん集まってくれて、
にぎやかなひととき。
病室の中と外でおともだち同士がおしゃべりする様子も見られて、
みんなの仲の良さが伝わってきました。

それぞれに一所懸命、
みんなといっしょに、
病気と闘っているのだと感じました。
今回は、希和さん、恭子さんと。

次回は6月のお話会。
わたしは工作日に伺えなかったのですが、
すでに準備はばっちりです♪



5/24/2017

マネージャーとJASRAC

ここ数年司会を務めさせていただいている、
JASRAC賞贈呈式のお仕事。
私のマネージャー、
二チエンプロダクションの山本さんと会場へ。
ジャケットの色あいといい、恰好がかぶったわたしたち笑。
いつも緊張感のある贈呈式。
お世話になっているディレクターの方などスタッフのみなさまの万全な体制により、
今年も無事に終了した。

事前のリハーサルも入念に行うため、
楽屋入りも早く、長時間に及ぶ。

そのぶん、マネージャーの山本さんと、
すきま時間を使っていろいろ話せたのがよかった。

今後の仕事のペースをどうしていくのか、
どんな方向性で仕事をしていきたいのか、
サポートの環境や、
わたしの性格のことも含めて(ここ重要)笑。
本音で話し相談できる方で、ものすごくありがたい。

わたしの進みたい道を理解してくださっていることにも、
あらためて安心した。

フリーアナウンサーとして事務所に所属し、
まもなく6年。
山本マネージャーと育んできた関係に、
味わいがでてきたなと。

仕事上、大切な大切なパートナーなので、
本当に恵まれていると思う。
感謝です。

時間をかけて築いてきた信頼があると、
しなやかに仕事ができる。
芯はぶれずに柔軟に働けたらいい。

ちなみにこの日は、わたしの誕生日。
帰宅したら、息子を預かってくれていた義理の母と叔母が、
プレゼントとケーキを準備してくれていた。
ケーキは、息子とお散歩して買ってきてくれたのだそう。

周りの大切な人たちに感謝しながら、
凛としたきもちで前を向けた一日だった。

5/20/2017

絵本ヨガ in 春のキッズフェスタ

第6回春のキッズフェスタで絵本ヨガを開催。
国立オリンピックセンターで開かれるキッズフェスタに出演するのは、
今回で3回目。
代々木公園に面する芝生広場は、
とても開放的で、緑がきれいで、木漏れ日がここちよく。
この最高のロケーションが、いつも楽しみ!

青空と、輝く太陽と、木陰を吹きぬける風を感じながら、
親子でこころとからだのハグタイム♡







午前の部と午後の部、
暑いなかご参加くださった皆さま、ありがとうございました!
大学の同期生とも再会。
育休中にいつも絵本ヨガに通ってくれていたので、
子どもたちの成長を感じられるのもうれしい。
TOKYO MX NEWS キャスター時代の仕事仲間である、
風戸記者も来てくれた。
お互いお母さんになって会うのはふしぎな感じがするけれど。
愛おしい存在と一緒だと、うれしさも倍増!
みんなありがとう!!

国立青少年教育振興機構のスタッフのみなさま、
いつも懇切丁寧・安心安全な運営をしてくださり、
ありがたい限りです。
お手伝いくださったボランティアのみなさまも、
ありがとうございました。
最後にメンバー一同で。
左より、なおさん、ゆりちゃん、まなみさんと。
きょうも楽しかったね♪と帰る私たちでした。

***絵本ヨガ 定期開催のお知らせ***

この夏から日テレ学院のスタジオにて、
定期的に絵本ヨガを開催することになりました!

初回は7月19日(水)11:00~12:00

申込など詳細は、
このブログや絵本ヨガオフィシャルサイトに随時アップしていきますので、
ぜひチェックしてください。
https://www.ehonyoga.com/
みなさまのお越しをお待ちしています(*^^*)

5/12/2017

仕事と育児とわが家スタイル

アナウンサーの仕事前のひととき。
こんな日は、義理の母が息子をみてくれている。
本当にありがたい。

最近、母親の育児や働き方について、
いろいろな価値観にふれることが多く
なにがベストと考えるかは、
家庭によって様々だなぁとつくづく思う。

その人の生き方にもつながる話は聞いていて面白いし、
違うからこそ、
互いに尊重し合うための学びがたくさんある。

わが家は、周りに感謝しながら、
なによりも夫婦仲良くよく話し合い、
笑顔でわが子に接することができる道を、
すすみつつ、たちどまりつつ、
選んでいきたいと思います。
子どもはたくさんのことを感じとっていると思うので。。

それぞれの「わが家スタイル」を、
たのしみながら築いていけるといいな。

5/10/2017

ピーナッツカフェでこれからのこと

先日、お母さんになって初めて、
モコさんとデートした!
このブログにも何度かご登場いただいている高幣素子さん。
フルタイムで働きながら、
ファッションブロガー&ファッションライター&アクセサリーデザイナーとしても活躍。
プライベートでは2人の男の子のお母さん・・・

ひとり何役もこなし、多彩な魅力をもつ女性。
わたしのだいすきな人です。
そんなモコさんのおすすめで伺ったのは、
中目黒にあるピーナッツカフェ
予約がなかなかとれない人気店だそう。
スヌーピーの焼き印が押されたちいさなハンバーガー、
可愛いかつ美味しかった!


ピーナッツの仲間たちをモチーフにした、
オリジナルグッズなども販売されていた。
どれもこれも、
ピーナッツファンの心をくすぐるものばかり♪

今回は、ママトークはもちろん、
お互いのこれからについて、
いろんな話をできたのがうれしかった。

お母さんになると、
赤ちゃんという小さな命を前にして、
きれいごとだけでは済まされない、
よりリアルな感情とつきあっていかねばならない。

そういう毎日を過ごしていると、
自分の本音と向き合うことがどんどんうまくなる気がする。
そうでなきゃ前に進まないことが多いから。

だから、素のままの自分で、
正直な今のきもちを話すことができた。

アナウンサーのこと、絵本のこと、子育てのこと。
全部ひっくるめた、これからの私のこと。

誰かと話すことで、きもちが整理できる。
とは、月並みな言い方だけど。

誰かって誰でもいいわけじゃないから、
このタイミングでモコさんと会えてよかった。
自分が発する言葉に、モコさんの言葉に、
たくさんの気づきがあった。

帰り道に思ったこと。
人生の時間は限られているから、
こんな風に、好きな人と会う時間を大切にしよう。
母親になったのだから、なおさら。

何気ないようで大きな、
決心に似たような心持ちになった。

***
高幣素子さんのファッションブログ:モコーデ

この日のことも綴って下さいました。

5/05/2017

初節句

今年のGWのメインイベントは、
なんといっても息子の初節句。
届いた兜を前に撮影。
「越後之龍 上杉謙信公」!
よかったね^_^

新潟からおじいちゃんおばあちゃんも駆けつけてくれて、
両家そろってみんなでお祝い。
代わる代わる抱っこしてもらいながら、
昔の子育ての話を聞いたりして、
にぎやかに過ぎていく時間。
ニューフェイスが加わることで、
両家がより「家族」になっていくのだなぁと、
感慨深かった。

たくさんの愛情に包まれて、
おおきくおおきく、おおきくなあれ。
離乳食でこいのぼりも作ってみた。
ブロッコリー、にんじん、かぼちゃ、
おかゆ、のり、トマト、ホワイトアスパラ。
もぐもぐ、おいしそうでよかった♡
友人家族と公園ピクニックにも行った。
最年少のわが子を、
おにいちゃんおねえちゃんたちが可愛がってくれて。
息子におともだちができるって、
こんなにうれしいのかぁ。。
最近、高速ずり這いをするようになった息子。
芝生の上はきもちがいいね!
楽しみにしていたエリック・カール展にも、
両親と行くことができた。
(世田谷美術館にて7月2日(土)まで)
隣接する公園でもまた遊んで・・・
公園の偉大な魅力、母になって知ったかも。

近場でのんびり、よいGWでした。

4/30/2017

いろいろお花見と『どのはな いちばん すきな はな?』

春はいろいろお花見がたのしい!
桜もたくさん満喫した。
息子に花を見せたくて近づけると、
必ずつかんで食べようとするから油断できない笑。
ミモザもねらわれてる!
いっしょにお散歩しながら、
花めぐりもできるようになった。
花の名前にくわしくなって、
教えてあげたいなー。
今年も咲いた、わがやの薔薇。
文:いしげまりこ/絵:わきさかかつじ/福音館書店

 ぱーっと ひらいた あかい はな
 ぴゅーんと のびてる しろい はな
 ぽん ぽん ならんだ きいろい はな

たんぽぽやすずらん、ポピー、あじさい・・・
マリメッコのデザインなども手がけてきたテキスタイルデザイナー、
脇阪克二さんが描いた色とりどりの花々が、
ページをめくるたび画面いっぱいに描かれている。

風が吹いたら本当にゆれそうな伸びやかさ。
あまい香りまでただよってきそう。

いしげまりこさんの言葉は、
勝手に節をつけて歌えるくらいリズムがいい。

これは、息子がだいすきな絵本。
表紙を見せただけで、
両手をあげて鼻息荒くハッスルする。
うきゃうきゃっ!

これまで月刊誌「こどものとも0.1.2.」のソフトカバーで読んでいたけれど、
今年3月に「0.1.2.えほん」として待望のハードカバー化!
書店で手に入るから、
周りの人にもおすすめしやすくなってうれしいな。

息子はどんな花が好きになるだろう・・・?

ちなみに、わたしがいちばん好きな花は、
やっぱりあじさいかなぁ。