7/09/2017

絵本journey vol.13 『ブックハウスカフェ 』

久しぶりの絵本journey
前回のブログに記したワークショップが開かれたのは、

もともとこの場所にあったのは、
「ブックハウス神保町」という新刊児童書の専門店。
母が大好きで上京した際にはよく一緒に訪れたり、
わたし自身もイベントに参加したりと、
何かとお邪魔していたお店。
今年2月の閉店のニュースは、
絵本好きの間で大きな衝撃が走るほどの有名店でしたが。
今年5月にカフェが併設された形で、新たに生まれ変わりました!
真ん中のソファスペースが、カフェスペースに変身。
中央奥のカウンターでは、
軽食のほか、ソフトドリンクやお酒まで注文できるようになった。
昼間はカフェ、夜はバーに♪
いまは授乳中なので、
オレンジジュースでほっとひといき。
ここでお酒でも飲みながら絵本が読めたら、
最高だろうなぁ・・・

神保町という土地柄なのか、
このお店には男性のお客さんが多いなぁと常々思っていたけれど。
これからはお酒を飲みながら絵本を手にとる、
ビジネスマン・お父さんたちも増えそう!
お店の奥には、
キッズスペースや授乳・おむつ替えスペースも完備!
これなら子連れでもゆっくり絵本を選ぶことができるので、
とっってもありがたい。
そのほか、ギャラリースペースや個室スペースもあり、
今後もイベントが盛りだくさんとのこと。

子どもの本の魅力を発信し続けながらも、
より多くの人が楽しめるしかけが増えていて。
「変わらずに変わる」
それを目の当たりにしたようで心がふくらむ時間だった。

「絵本をもっともっといろんな人たちに楽しんでもらいたい」
とおっしゃっていた茅野由紀店長。
高速ハイハイする息子を一緒にみてくださいながら、
新店のコンセプトなど色々お話を伺わせていただき、
本当にありがとうございました。
息子が「またつれてって」と言っています笑。